トップページ | 御宿 なか田(那須高原) 2泊目 »

御宿 なか田(那須高原) 1泊目

http://www.yadomoe.com/
からこちらに移動してきました。

先日行った、「御宿 なか田」の報告です。

4室のみ、かつ全室メゾネットダイニング別

しかもheart01各部屋に露天風呂展望風呂heart01があり。
よく行く伊豆・箱根でこの条件だと、まず4万はします。
なのに週末価格でも2万5千円。
ネットでの評判も上々で、期待に胸をはずませてうかがいました

那須塩原駅からバスで30分ほど、

Dsc05663

事前に連絡をしておいたので、ご主人が車で迎えに来てくれました。

10分ほどで到着。二期倶楽部のすぐ近くなんですね。

古民家風のロビーです。

 

Dsc05738_3

 

Dsc05734_3

Dsc05737

ご主人の好きな影絵が随所に。

Dsc05739

バックライト効果で、ちょっと不思議な絵でした。

Dsc05733_4

 


パブリックスペースはここがすべて。
あとは4つの客室だけ。

すべてのお部屋のお風呂がそれぞれ違うつくりなので、
どうせ二泊するなら違う部屋に止まりたいと思い
1泊目を「けやき」、二泊目を「いちょう」にしました。

まず、「けやき」の室内から。

なにしろ小さな宿なので、フロントの目の前に客室のドア。

Dsc05741_2

Dsc05678_3


そこを開くとすぐにこの食事室があります。

 

Dsc05723

食事室にも居心地のよさそうな小さなテラスが。

 

Dsc05664_2


階段を下りると1階。手前がベッドルームで、奥に和室、テラスと続きます。

 

Dsc05666_2

Dsc05668_2


そして広いテラスがあり、
テラスの向かって左側に、広い露天風呂があります。

Dsc05671

Dsc05672_2

かなり広くて、3人はラクに入れそう。
強い硫黄泉で、その香りがロビーにまでだたよっていました。
ちょっと入っただけでぐったりするほど、強いです。

ザ・温泉という感じ。heart04

Dsc05674



向かって右側には室内のお風呂があります。

屋内といっても「展望風呂」というだけあって窓が広く、かなりの開放感。
洗い場も広く、使いやすいです。

お湯は透明な単純泉です。

Dsc05670_2


テラスにはデッキチェア。
この椅子はリクライニングするので、お昼寝もできそう。

Dsc05668_3

 


目の前には渓流と森が広がっていて、視界に邪魔なものはいっさいありません。
気持ちいいです。

Dsc05676

 

←洗面所。
特にオシャレではないですが、

Dsc05713

 

クレンジング洗顔料、化粧水、乳液、ハンドソープと

必要なものはひととおりそろっています。






食事の時も感じたのですが、
この宿は、昨今の1泊3万円~4万円台のデザイナーズ宿と比べるとやや素朴。
そういうものを求めてくると、やや物足りないかも。
ただ安っぽさやけばけばしさはないので、ほっとする空間になっています。

お風呂もダイニングも広々としてせせこましくないし、
居心地のいいお部屋でした。catface

Dsc05712

 

←このころっとした感じがちょっと好きだった。

 



Dsc05729

↑テラスでくつろぐダンナnotes

新しいブログに慣れていないので、ちょっと勘がつかめませんweep

次は、1泊目の食事。

<食事(1泊目)>
Dsc05693


前菜
「つぶ貝」「松風焼き」「無花果の胡麻和え」

Dsc05694

湯葉刺し

Dsc05696

煮こごり


Dsc05697

海老真薯椀

Dsc05698

鮎の塩焼き

Dsc05700


茄子・冬瓜・オクラ・蛸

炊き合わせですが、蛸の柔らかさと味のしみかげんが最高でした!

Dsc05701

小芋のあんかけ蒸し

Dsc05703

蟹と帆立のオーブン焼き

蟹と帆立好きのダンナの盛り上がり最高潮!
白味噌仕立てで、これが蟹と帆立によく合うんですわ。

Dsc05704

青梅のシロップ煮

いわゆる箸休めですが、おいしすぎて箸休まらず
半分食べてから写真を撮るのに気づきました。

お手製で、すごく時間をかけて煮ているそうです。
ほんとにおいしくて、忘れられません。
汁までごくごく飲みです。

Dsc05707

栃木和牛のヒレステーキ

あっさりめで、でも箸がいらないくらい柔らかく・・・
 

ご飯もいっしょにお持ちしますか?
と聞いてくれる心遣いがまたうれしかった。

Dsc05706  

Dsc05708


ご飯、漬物、赤だし

Dsc05709

果物、コーヒー

Dsc05715

1泊目の朝は、洋食のブランチにしてもらいました。

Dsc05718

トーストと丸パンはおいしかった!

まんなかのふたつはいわゆる市販の「惣菜パン」で、

Dsc05725

右がゆで卵入り、左がちくわ(!)。このふたつはいまいちでしたわ・・・down

Dsc05721

手作りっぽい、さっぱりしたリンゴジャム。

ジャムにはちとうるさいダンナも大のお気に入りでした!

次は、二泊目の「いちょう」に行きます。

じつはこちらのほうが、ダンナのストライクゾーン。fuji

「星5つで満点だとしたら4.5」

と言ったくらい、超お気に入りの部屋だったのです。lovely

|

トップページ | 御宿 なか田(那須高原) 2泊目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

楽しみにしていたルポなのに、夕食の写真が見えません。私のパソコンだけ?
2泊目のお部屋も早くみたいです。

投稿: eri | 2009年7月 4日 (土) 07時31分

初めまして、ごんたと申します。
ブログへのお引っ越し、おめでとうございます(^-^)
実は、「ふたりで二泊、どっぷりと」を長らくROMさせていただいていたのですが、今回の新ブログ開設を機に、初書き込みさせていただきますね。

那須の御宿なか田、私も以前から注目していたんですが
ブログや旅行記サイトなどでも、あまりご報告を見かけないんですよね。なので、甘栗さんの6月の宿泊予定を以前のHPで拝見したときから、とても楽しみにお待ちしていました。
週末価格で25,000円で、こんなに広いお部屋付き露天風呂なんですね!!しかもお風呂からの眺望も緑いっぱいですし!
うーん、これはもう行くしかない?という気持ちが一気に高まりました♪
2日めの「いちょう」のほうがダンナ様のストライクゾーンだったのですね。こちらも楽しみです。ワクワク♪
我が家も夫婦二人で旅行を楽しんでいますが、甘栗さんが行かれるクラスよりは、ちょっと(?かなり)庶民派なんです。
甘栗さん&ダンナ様も気に入られたご様子の上山の葉山館にも、ウチは3月に行ったのですが、翠葉亭ではなく四季亭でした(^^ゞ
私達も宿では本を読んで過ごすことが多いので
そのあたりにも勝手に親近感を持たせていただいてます(笑)
・・なんだか初めてなのに長くなってしまいました。ゴメンナサイ。
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

投稿: ごんた | 2009年7月 4日 (土) 12時02分

ごんたさん、コメントありがとうございます!
ごんたさんも「泊まり読み派」なんですね。
本棚がないとか、読書灯がないとか、人にはどーでもいー話かなーと思いつつ書いていたので、ちょっとはお役に立てて嬉しいです!

確かに自分たちには不相応な高めの宿に無理して泊まってる部分もあり、前はそれが高揚感になっていたのですが、最近、「そりゃいいけど、高いんだからあたりまえ・・」な気がしてきてむしろ感動が薄れ、身の丈に合った宿を模索中。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 甘栗 | 2009年7月 4日 (土) 13時22分

eriさま

新しいブログでいまいちよくわからず、申し訳ありませんでした。お料理写真のほかにも写真を追加しましたので、よろしかったら再度ご覧ください。

投稿: 甘栗 | 2009年7月 4日 (土) 13時29分

写真見れるようになりました。上から2番目がまだですけど・・。
いいお宿ですね。
私も、来月葉山館翠葉亭に予約しました。

コメント初めてだったので、2回同じのが書いてあってすみませんでした。削除していただいてけっこうですので。
また、夏の旅行アップ楽しみにしています。

投稿: eri | 2009年7月 5日 (日) 11時00分

初めまして。
ごんたさんは私の知っているごんたさん?
そこで私も勇気を出してお邪魔しました。
どうぞよろしくお願いします。
甘栗さんが昨年ジュエルさんのところでコメントをされていた時から参考にさせていただいていました。
共通宿が10軒以上あり嬉しいです。
たまたま先日H・J(変な略?)の会報を見る機会があり、幅広く活躍されているのに感心しておりました。
御宿なかたは二期倶楽部の東館がオープンした頃にトライしたのですが、予約できなくて。
何だか又行きたくなってきました。

投稿: アグネス | 2009年7月14日 (火) 02時11分

アグネスさま

初めまして!つってもジュエルさんのところやら
H/J(笑)やら、いろんなところでお目にかかってたんですね。
共通宿が10軒以上って、すごいですねーー。

「なか田」のいいところは、コスパとかお風呂もあるけど、ご主人夫婦のお人柄な感じがします。でも、洗練されたおもてなしを期待するとちょっと違うかも。です。

このへん、好みが同じ傾向でも感じ方が違うことが多々あり・・・。
でも、だから面白いんですよね。

これからもよろしくお願いいたしまーす。

投稿: 甘栗 | 2009年7月14日 (火) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239787/30391055

この記事へのトラックバック一覧です: 御宿 なか田(那須高原) 1泊目:

トップページ | 御宿 なか田(那須高原) 2泊目 »