« 「御宿The Earth」からのメール | トップページ | 「御宿The Earth」<2>室内 »

御宿 The Earth・・・その1<到着~パブリック>

三重県鳥羽にある、
「御宿The Earth」
というところに二泊してきました。

いっぱいお伝えしたいことがあるのですが、
5日まで忙しくてばたばたしているので、
毎日ちびちびとしかお伝えできない予定・・・

とりあえず

<1>到着~パブリック
<2>室内
<3>夕食1日目、2日目
<4>朝食&ランチ
<5>総括①よかったところ
<6>総括②気になったところ(じつは結構あったりして・・)

の予定でアップしていきます。

まずは到着~パブリック

新幹線で名古屋まで行き、近鉄に乗り換え。
鳥羽駅で、宿のバスが待っています。

この迎車システムについてはちょっと言いたいことがあるのですが
それは<5>の総括で・・・

どんどん細い道をのぼっていくと、スタッフが
「あそこです」
と指差す先に・・・

Dsc06508

なんちゅうところに作ったんでしょうか。
こんなの見晴らしいいに決まってるっつーの。

なんでも数年前、社長が沖のボートからこの場所を見つけて
「あそこに宿を作りたい」と言い出したのがきっかけだそうで。

まず、建築資材を運ぶための道をつくるのに1年かかり、
「それでも言い出してから4年で完成した」
とのことです・・・

企業が手放した保養所を改築したとか、
そういう涙ぐましい宿が多いなかで、
なんとも豪快なお話ではありませんか。
期待がふくらみます。

それにしても、ガードレールも外灯もない、
細くてヘアピンカーブだらけのゆるーーいジェットコースターみたいな
この道、ほんとにスリリングでした・・・

Dsc06511

着いた頃にはもうぐったりです。

Dsc00183

Dsc00182

Dsc00178

エントランスがまた長くて。凝り凝り。

Dsc00005


玄関を入って右手奥がラウンジです。
窓の向うは、海です。

すわり心地よさそうな椅子がランダムにたくさん。
最近の流行ですね(「海のしょうげつ」「オーベルジュ蓮」もこんな感じだった)

Dsc06515_2

Dsc00007

Dsc00003_2

フリードリンクで、エスプレッソ風のコーヒーマシンとミネラルウオーター、

そしてデキャンタに入ったグレープフルーツジュースとオレンジジュースが。

Dsc06514

4席しかない小さなバーが、窓に面してこぢんまりと。

Dsc00008

ウェルカムドリンクはシャンパン(右)。

お酒が飲めないと予約時に言っておいたダンナには

オレンジジュース。

このへん、さすがにきちっとしてますね。

Dsc00009

お菓子はイチゴ味のチョコ。

生チョコでもなく、普通でちょっと肩透かしでしたが、

お部屋に入ってからちょっとしたサプライズがあり、

そのバランスでいうと、ここはこれでいいんだなと後で納得しました。

Dsc00010

 

天気予報では雨だったのですが、

到着日だけ晴れてて、すごく海がきれいでした。

といっても、林ごしなので目の前に迫ってくるという感じではないのですが

ベランダに出ると波の音が近くに聞こえて、潮の香りが。

Dsc06513

Dsc00039

階段を上って、この宿名の由来である、展望台へ。

Dsc00040

めちゃめちゃ広い!

ほぼ360度見渡せます!

Dsc00041

さらに上に上る階段があり

Dsc00045

Dsc00046

最高!
ここに椅子を持ってきて、本を読みたい。(日に焼けそうだけど)
晴れていたら、夜は星もすごそう。

確かに宿名にふさわしい、地球を感じるドラマティックな場所でした。

最近、それなりの宿に泊まっても
「この値段なんだから、これくらいあたりまえ」
と思ってしまうようになっていた私たちですが・・

ここではひさびさに、感動でした。

続いて大浴場。
時間制で、12時で入れ替わります。

Dsc00113

Dsc00065

夜12時までは上のお風呂が男風呂、

下が女風呂。

ごらんのように特に広くもないし、露天もないし

とりたてて入らなきゃ入らないでいいような

ま、はっきり言って魅力の乏しいお風呂です。

でも!

Dsc00072

この大浴場の真価は、この広々とした湯あがりどころにあります!

はっきり言って今回の滞在で、私の一番の萌えツボはここ。

Dsc00077

このマッサージチェアで、湯あがりにふくらはぎを揉んでもらうと

もうダメえええって感じで。

Dsc00075


続いて、潮騒を聞きながらここで横になると
死ぬほど気持ちよく眠れます・・
ああここでずっと眠っていたかった・・

Dsc00073

雑誌類も豊富です(ま、あんまり面白そうなのはなかったけどね)

Dsc00069

大浴場を出てすぐのスペース。談話用?

Dsc00070

フリードリンクは地元のミネラルウォーター。

Dsc00038

それではそろそろお部屋に行きましょう。

廊下の途中にこんなスペースがありますが、

通り道なのでくつろげるはずもなく、

単なる飾りですね。それでもこういう無駄なコーナーがあると

やっぱりほっとします。

Dsc00078

廊下は、箱根吟遊と同じ、畳敷き。

目が細かくてへりのない琉球畳なので、

車椅子の人がラクなんだそうです。

そういえばここ、かなりバリアフリーに気を使っています。

次は、室内の様子です。

|

« 「御宿The Earth」からのメール | トップページ | 「御宿The Earth」<2>室内 »

コメント

こんにちは。
このお宿、私も昨夏検討しました。
と、いうか一昨年秋に開業予定が出た時から楽しみにしていたのですが結局行かず。
その理由は?<6>総括②あたりで・・・

しばらくお忙しいようですね。
お体に気をつけて、続きを楽しみにしております。

投稿: アグネス | 2009年8月 2日 (日) 06時57分

アグネスさま

更新遅くてすみません。
今日、室内を更新しました。
最後に総括するつもりでしたが、
結局、部屋を紹介するうちにだらだらと
愚痴たれて、総括しちゃってます・・・

でもねえ、食事よかったんですよ!
来週、なるべく更新しますので
楽しみにしていてくださいね。

投稿: 甘栗 | 2009年8月 2日 (日) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239787/30736527

この記事へのトラックバック一覧です: 御宿 The Earth・・・その1<到着~パブリック>:

« 「御宿The Earth」からのメール | トップページ | 「御宿The Earth」<2>室内 »