« 御宿 The Earth・・・その1<到着~パブリック> | トップページ | 「御宿The Earth」<3>食事 »

「御宿The Earth」<2>室内

忙しくて更新が滞り、申し訳ありませんsweat02

Dsc00059_2

泊まったのはこの部屋。

「颪(おろし)」の字が「虱(しらみ)」に見えてしょうがないのは

私だけでしょうか?

Dsc00016

室内も、琉球畳です。

ソファはシンプルな感じ。

Dsc00032

ベランダにお風呂。
この間取り、なんか最近よく見るような・・すごい既知感・・

でもってこの部屋の最大の不満は、このソファ。
ちっちゃくて、背もたれが低くて
まったくくつろげない。

二人だと、しゃきーーんと直角に座ってテレビを見る
くらいしか使えない。

小柄な私たちがこれだから、大きい人はほんとに
休まらないのでわ?

ソファって大事。
アルカナイズ」のソファとか
海のしょうげつ」のソファとかは最高だった
愛着のある部屋は、おしなべてソファがよかった。

Dsc00033

寝室とリビングはこのような配置です。

ソファ後ろが洗面スペースですね。

Dsc00029

ゆったりと広いダブルベッド。
この広さは素晴らしいですね。
こんな横に広い掛け布団、見たことないよ。

でもねえ、掛け布団がツルツルで吸水性がまるでないんですわ・・
化繊の気持ち悪さありありで。
heart03
見た目はピカピカだけど、
もう少し肌ざわり本位で選んで欲しかったなあ・・

あ、でも枕もとのライトはすごくよく考えられてました。

明るさをダイヤルで調節できるし

手元で点灯できるから、ほんとに眠くなるぎりぎりまで

本を読んでいられて。

ムード照明じゃなくてちゃんと本が読める明るさなのは

オシャレ系旅館だとあんまりなかったりするんで

嬉しかったです。

 

Dsc00031

ピカピカといえば、このテレビ脇の

門松みたいな人工的な飾りも、私の好みに合わず・・

ピカピカでかえって安っぽいというか;;

昔の旅館のセンスというか・・

Dsc00019_2

↑露天風呂。

腰湯できる段もあり、快適。

Dsc00023

「フォレスト」というカテゴリーの部屋なので
林ごしに海が見えます。

ばっちり海を見たい人には不満でしょうが

まあ、海宿と山宿の両方の雰囲気が味わえると思えば。

お風呂に浸かってると波の音が聞こえてくるし

潮の香りはするし、「海宿」の雰囲気は楽しめますし。

Dsc00020

でもねえ、このデッキチェアがまた痛くて、

ベランダでうっとりしたいのにさせてくれず・・・

座面が少しだけ凸型に湾曲しているのがわかりますか?

それが原因。お尻の骨のでっぱっているところが

もろあたるんですわ・・・

デブの私がこんだけ腰が痛いんだから

やせている人はほんとに突き刺さると思う。

宿の人は自分で座ってみて選んだのかな?

うれしかったポイント。lovely

Dsc00026

ウエルカムフルーツが用意されてた!

ホテルではあるけど、旅館では初めてかも!heart02heart02heart02

Dsc00028

風呂あがりに冷たいフルーツは嬉しいですよね。

Dsc00135

ダンナのパソコンスペース。

空気椅子で作業をしていたので、洗面台の椅子を貸してあげた。

旅館によってはノートPCのケーブルがとんでもないところにあって

すごく不自由な姿勢でやらないといけないところがあるので

新築のところはそこも考えて欲しいと思うのー

ダンナみたいなPC中毒は、結局部屋にいても結構な時間を

PCの前で過ごすんだから。

なので、ここはこういうスペースがあってよかったです。


そのほかのスペース。

 

一度も入らなかったけど(なぜなら温泉ではないので)

檜の内風呂。

まだ温泉がひけて間もないみたいなので、湯量の関係なんでしょうね。

Dsc00018_2

Dsc00024

Dsc00025

シャンプーや整髪料は、旅館にありがちな国産ブランドで

ポンプタイプ。特にこだわりは感じられません。

Dsc00137

トイレには、このようにお手拭用タオルが。

贅沢ーーー

と一瞬思いましたが、ダンナがざっくりとジャッジ。

「二人で一泊して、トイレに入るたびに使うんだったら

こんな数じゃ足りない。

本気で贅沢させるつもりじゃなく、ポーズだけだろ」

私もそう思う・・結局、何回も同じタオルで拭くことになったし。

ソファもデッキチェアも布団もこのタオルも

なんか微妙にずれてる・・・

気がするんです・・・

Dsc00035

あ、でもベランダに出るところにバスマットがあったのは親切。

こういうのは嬉しいheart

すんごく充実してたのは、いわゆる「水屋」スペース。

Dsc00013

なんたってペーパーフィルターとコーヒーメーカー両方ですわ。

好みで選べるのがコーヒー好きには嬉しいかも。

Dsc00136

個人的には、デザインショップでよく見ていたこのゴミ入れがあったのが

びっくり。これ、上を持ち上げてゴミを分別できるいいデザインですよね。

でもスタッフの人の説明がなかったので、私も二日目まで気がつかなかった・・

(だからこのへん、散らかり放題)

それでも私は知ってたから気がついたけど、

知らない人には謎の道具なんじゃないかな。

ああでも隣の鉄の急須とか、デザインかわいいですね。

文句ばっかり言ってるけどwobbly

確かに昨今の旅館マニアのツボは研究していると思いました。。

Dsc00014

Dsc00011

ハードリカーの見せ方もおしゃれheart04

こういうの好き♪

Dsc00061_2

女性用のポーチにはこれが入ってます。

手前がミキモトのコスメのミニセット。

クレンジングミルクとクレンジングフォーム、化粧水。

わりとお高めブランドなので、嬉しかった!

個人的にクレンジングミルクがすごくよくて、買って帰ろうかと思ったくらいです。

そしてエッセンスマスクも♪

このへんも、研究してる感じでよしよし、です。

 

Dsc00138   

Dsc00034

上は洗面台に置いてあったシンプルな葉っぱ。

下は寝室の棚のお花。微妙に・・・センスが古い・・気が。

リゾートなんだから、もう少しゆるい感じでいいのでは?

と思ってしまうの。

しかもテレビの横なんだしさ。

この部屋に関しての結論。

いろいろと流行の宿のツボはおさえてあるんですが

すごくすごく頑張っていて、好きなところもあるんですが

パンフレットの写真ばえ」重視で選んでる家具やファブリック

多すぎないですか?

せっかくいろんなトレンドを取り入れていて

研究しているんだから、

もう少し、居住性のよさに力を入れて欲しいです。

この価格(一泊二食3万4150円)だったら

皆さん、それを求めると思うんです・・・


次はお食事です。

お食事は、すんごくよかったです!

しかも二泊目の夕食のほうがよかったという

板長の底力を感じました。

来週中には更新します。お楽しみに。

 







 

|

« 御宿 The Earth・・・その1<到着~パブリック> | トップページ | 「御宿The Earth」<3>食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239787/30756241

この記事へのトラックバック一覧です: 「御宿The Earth」<2>室内:

« 御宿 The Earth・・・その1<到着~パブリック> | トップページ | 「御宿The Earth」<3>食事 »