« 思わぬ遭遇 | トップページ | 箱根翡翠②<2泊目のお部屋(スイートルーム)編> »

箱根「翡翠」レポート①<1泊目のお部屋&施設編>

この週末、お仕事でお世話になっている方のご好意により

会員制リゾートホテル東急ハーヴェスト倶楽部の「箱根 翡翠」

にゲストとして二泊することができました。lovely

※会員ではない一般客も泊まれる部屋が少数あります。 「一休」などで扱っているようです。東急ハーヴェスト倶楽部のシステムはこちら

Dsc04079

東急ハーヴェスト倶楽部の会員権は数百万円くらいからあるそうですが、

「箱根 翡翠」はその中でもcrown最高レベルの施設crownで、

さらにその方が所有されているのは会員権1千万円もする

shine番高いスイートルームshine

100㎡もあって室内に中庭があり、そこに露天風呂があるのだとか。

そんな夢のようなお部屋に。

一泊2万7千円のゲスト価格の室料(食事なし・二人分の部屋代)

で泊まれるということなので、遠慮する気持ちも一瞬で吹っ飛び、喜んでお言葉に甘えることにしました。

****予約まで****

オーナーのサイン入りの利用券を送っていただき、ネットで予約。

ところが週末は激戦らしく、二日目だけは最後に1部屋だけ残っていたスイートルームをかろうじて確保できたものの、一日目で空いているのは、ペット同伴可能な「ペットルーム」のみとのこと。

もしほかの部屋が空いたら変えてもらうことにして、

なんとか二泊分予約できたのです。

食事は館内のレストラン「一遊」で事前予約。

HPでメニューを確認し、一日目は鉄板焼きの洋食、二日目は鉄板焼きの和食を予約しました。

*******

最初に結論から言うと、満足度を5コ満点で表現するなら

★★★★★。

空間、お風呂、食事、サービス、どれをとっても大満足lovelyの減点なしgood

特に感動したのはサービスで、あの文句たれのダンナgawk

「箱根に二期倶楽部のサービスを見た、って感じだねheart01

と手放しでほめたほど。

ちなみに私たちが「これがプロのサービスというものか!」と泊まるたびに感動するのが二期倶楽部なので、これはダンナにしては、最上級の賛辞といえましょう。

ダンナがどれくらいここが気に入ったかというと、

一日目の宿泊で大浴場に行って戻ってくると、先に戻っていたダンナがこっちが聞く前から

「大浴場、よかったね!lovely

と興奮気味。

で、PCで会員以外が宿泊予約できるサイトを探してたんです。

次は自分で泊まる気、満々!coldsweats01

ちなみに12月に入るとシーズンオフで1室3万円のレートもあるようで(二人分・食事なし)

これだけのクオリティのホテルで、むしろリーズナブルではないか、

とまたしても興奮したのでした。

というわけで今回は

①1泊目のお部屋(ペットルーム)&施設編

②2泊目のお部屋(スイートルーム)編

③食事編

④サービス編

とアップしていきますが、なんといってもサービスがほんとに気持ちよかったので

いつもと違って③サービス編が一番長くなるかもしれません・・・

なんかこう、いかにもお給料が高そうな、スマートで洗練されたスタッフばかりで

そういう人にかしづかれる気持ちよさ・・。

でまた空間も美しく、通り過ぎたどこかの奥様が

「ここは本当に、空間の贅沢っていう感じねえ」

とため息をついていたのが聞こえ、うまい!と膝を叩きました。

さらに言うなら、宿泊客が皆さん、上品でリッチな感じ。
そのへんも含めて

贅沢浴

した、二日間なのでした・・。
では始めます。

●エントランス

箱根湯元からタクシーを使いました。約5千円弱。
強羅から宿の送迎バスが出ているようですが、強羅まで1時間近く登山鉄道に乗るのも面倒、というダンナの意見です。

タクシーが車寄せに入るとすぐにドアマンが駆け寄って来て

荷物を持ってくれました。そして名前を尋ねられ、インカムでフロントに連絡。

このへんの連携プレーのスマートさから、早くもこの宿のクオリティの高さがびんびん伝わってきます。

Dsc04077_3

車寄せからエントランスを歩き・・

Dsc04068

これがまた広くて、中の贅沢な広さを予感させ、

ワクワクするわけです。

Dsc04067_2

やっとドアまでたどり着いた。

右手にチェックイン用のデスクが3つほどあるフロア。

左手に目立たないドアがあり、エグゼクティブ・ラウンジになっています。

その奥が一般会員用のラウンジ。

Dsc04080

ここで、近所の「腸詰め屋」のサンドイッチでランチを食べることもできます。

Dsc04039_2

Dsc04038_2

いつ行っても、一度も込み合っていることはありませんでした。

Dsc04040

窓の外はちょうど紅葉がきれいでした。

向かいに見える建物は、大浴場棟。

Dsc04082_2

ラウンジ脇を通って進むと左手にショップ。

地元の名産品もありますが、工芸品やステーショナリーなどかなりのレベルのもの(センスもお値段も)ばかり。帰りには山ほど買い込んでしまいましたが、いまだに「あれを買っておけばよかった」と悔いが残るものがたくさんあります。

Dsc04081

エレベーターホールに置かれた椅子。

どこの空間を切り取っても、ほんとに美しかったです。

●1日目・・・ペットルーム

愛犬や猫ちゃんといっしょに宿泊できる部屋。

防音ドアのついた一角で、直接外に出入りできるドアがあり、

かつペットを別にして外出できる専用のルームも別にあるようです。

ペットと泊まれる宿でこれほどクオリティの高いところはそうないと思うので

いいかも! と思って聞いたら、残念なことに会員専用のお部屋でした。

*******

予約の時、

「ペットルームですよ、本当にいいんですか?」

とスタッフの方に念を押されたので、普通の客室よりもワンランク落ちる部屋なんだろうなあ、でもしょうがないと思っていたのです。

でも

Dsc03908

大きなデイベッドがあり、広々とした気持ちのいい部屋。

「二日間、この部屋でも別にいいんじゃ・・・?」

と思いました。

犬が窓から直接出入りするため、フローリングの床で

そういわれてみれば、ソファなどに少ーーーーーーしシミがあるかな??

でも気のせいかな???

という程度です。

 

Dsc03935

ソファもたぶん防水ですが、

箱根吟遊のベランダのソファほどあからさまな防水ではなく、

普通の皮のような感じ。

Dsc03906

すわり心地もよく、さわり心地は気になりませんでした。

Dsc03903

特に気に入ったのがこのデイベッド!

デイベッドのある部屋はあの、「海のしょうげつ」2泊目の部屋以来だーーー

Dsc03904

読書用のライトもあるーー

Dsc03905

ビール置き台もあるーーー


Dsc03907

↑デスクの上にはCDプレーヤーと

Dsc03916

リラックス用のCD.この選曲も◎!

滞在中、ずっとこのふたつを聞いてました。

Dsc03915

ちょっと面白いセイフティBOX。

 

Dsc03912

ベランダも広いです。

寒くて出なかったけど、初夏とか気持ちいいと思う。

Dsc03927

洗面所は超シンプル。

アメニティはひととおりそろっていますが、コスメ関係はいっさいないので持参しましょう。

Dsc03928

お風呂はユニットバスですが、大浴場が素晴らしかったのでまったく不満なし。

Dsc03930

 

タオルもたっぷりあります。ふかふかの厚手で気持ちいいタオルでした。

Dsc03918

電子レンジもありました。

Dsc03919

冷蔵庫の中はわりとシンプル。

何箇所か自販機コーナーがあったので、そっちを多く利用しました。

左の引き出しは上から

Dsc03920

グラス。

Dsc03921

ハードリカーとおつまみ。

Dsc03922

Dsc03923

日本茶セット。

そのほかワイシャツタイプのパジャマと、浴衣があります。

大浴場へは浴衣と草履で行けますが、最近の旅館によくある籠とか手提げのようなものはないので、大浴場にこまごまとしたものを持参する方は手ごろな袋を持参するといいかも

●大浴場

浴場そのものは人がいたので撮影できませんでしたが、

内風呂を取り囲むように濁り湯の露天があり、素晴らしいお風呂です。

雰囲気はこちらから。

露天は岩風呂が普通の湯温とぬる湯の2種類あり、

ドライサウナもあるので、私はサウナの後にこのぬる湯に入るのが好きでした。

ちょうどいいサイズの壺風呂も二つあります。

Dsc03938

廊下を歩いているだけで心が癒されるーー
 

Dsc03940

スリッパを脱いで・・

Dsc03942

床の質感、わかりますかね?

細かな凹凸があって

Dsc04003

 

ぺたぺた足裏にくっつかなくて気持ちいいの。

五感で癒される感じ・

Dsc03949

左手にライブラリー。

Dsc03945

正直、本は画集が申し訳程度ですが、

このソファのすわり心地のよさといったら!

Dsc03947

Dsc03951

Dsc04004

ライブラリーを出て大浴場。
 

Dsc04005

昼は手前が男湯、奥が女湯。

夜になって入れ替わります。

手前のほうがいいです。女性の方は、夜になって入れ替わったら必ず入りましょう。
 

Dsc03961

入り口にはタオルがたっぷり。

吸水性がよくて、気持ちいいタオルでした。
 

Dsc03955

となりにお水も用意されています。

Dsc03959

全身用マッサージ機が4台。
いつも大盛況でした。

Dsc03960

↑湯上りどころ。向かいはラウンジ。 

Dsc03957

ベランダ。夏は気持ちがいいだろうなーー
 

Dsc04009

ちなみにこの先の庭園をとことこ歩いていくと・・・

Dsc04014

足湯コーナーがあります。

Dsc04011

タオルも完備なので、手ぶらで行けます。

Dsc04012_2

きれいな庭園を見ながら足湯で読書、なんていいでしょうね。

暖かい季節に来てやってみたいなあ・・・

さて、いよいよ次は感動のスイートルームです!

ちょっと疲れた・・・

 

|

« 思わぬ遭遇 | トップページ | 箱根翡翠②<2泊目のお部屋(スイートルーム)編> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239787/32259111

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根「翡翠」レポート①<1泊目のお部屋&施設編>:

« 思わぬ遭遇 | トップページ | 箱根翡翠②<2泊目のお部屋(スイートルーム)編> »