« 「あせび野」④朝食風景 | トップページ | 三水館、いってきました! »

来年の予定♪

とりあえず、1月の三水館以降はまだ予約しておらず・・
この前のブログでは

****

「仙石亭」がものすごく気になりだして、

「2月に予約してはどうだろう」

とダンナに提案。そしたらダンナは快諾しつつ

寒いシーズ ン中に「だいこんの花」も行きたいかな~confident

ということは、

2月「だいこんの花」

3月「仙石亭」

かな・・・

でもって新緑の季節の5月には「蓮」にいきたいし。

*******

てなことを書いたのですが、

ダンナ「でもだいこんの花のかぼちゃフォンデュも食べたいよう」

※「かぼちゃフォンデュ」は夏限定メニューです。

「ぢゃ、夏と冬、両方行くしかないじゃん」

「僕ねー僕ねー、ほんとは、「あせび野」と「だいこんの花」、1か月交代で行っても全然かまわない気持ち」

ふ・ざ・け・ん・な!!pout

ってことで、油断も隙もないので

来年もさくさくと新しい宿を開拓しなければ。

と思ったら、家庭画報がheart「温泉宿100軒」特集shineですよ、あなた。

特集トップページが伊豆の「無聊」!

なんかよさそう!!

と思ってさっそくHPの価格表を見たら・・・

1番安いお部屋が4万8千円・・・

ほかは6万8千円とか・・・

一番高い部屋は8万8千円だって。

さよなら、無聊。crying

気を取り直して、こないだ送られてきた「HJC」を読む。

一番最初に読む「ホテルクルーズ」のページで、

何度かお目にかかっている吉野さんが、いつも愛読している「ふらふら日記」で超気になっていた「松翠園」に宿泊し、

意外にも「ハート2個」の低評価。coldsweats02

「ガラスの仕切りがシャープすぎる」「仕切るより広い一体感を」

など、

ほんとに旅館って人によって感じ方が違うんだなーと。

その吉野さんが

「仙石原のあうるとどちらにしようか迷った」

という記述を読み、

「あうる」って初耳!?flair

と思いネットで調べてみたのです。

宿のHPややチープ?

でも価格はそれなり??(「無聊」にぶっとんだ後だからそう見えるのかも)

ちょっと行ってみたいかなーーcatface

と思いずんずん調べると・・・

「箱根の驚くほど最悪な宿」というタイトルのきつーーい意見に遭遇してびっくり。

さらに驚いたことにはその後、そのコメントを全否定し「よかった」というこんな意見が。

さらにさらに、「食べログ」で2件のコメントがあるのですが

その2件が、

「箱根で一番の宿」

「期待はずれでした」

と、まっこうから正反対。

食事だけ見ても「違う宿じゃないの??」というくらい違います。

こんなに感想が分かれる宿も珍しい・・・

果たして「驚くほど最低」なのか「箱根で一番」なのか!?

行きたいような怖いような。

というわけでさっぱり予定がまとまらないのでした。

|

« 「あせび野」④朝食風景 | トップページ | 三水館、いってきました! »

コメント

こんにちわ!先日はコメ返しありがとうございました。
三水館さん、行って参りました。
思っていた以上に素晴らしいお宿で、『蔵』のお部屋は居心地抜群でしたよ。
二階の寝室で本をゆっくり読んだり、友達は一階の炬燵で寝ころんで本を読んだりしてました。
今回はお部屋が空いていなかったので、奮発して蔵のお部屋でしたが・・きっとほかのお部屋も居心地が良さそうでした♪
内猫?のにゃん蔵ちゃんと外猫のくろちゃんにも会えて癒されました。
ただ・・路線バスの旅はかなり遠くて、次回を考えると足が遠退きそうです(^^;)
しかし・・本当にお宿選びって悩みますよね。
新しいお宿を開拓したいものの・・はずれが怖くてついつい同じお宿ばかり何度もとなってしまいます。
私も『だいこんの花』さんは遠いので、年に2回がやっとですが大好きです。
今は・・お薦めの『あせび野』さんへ是非訪問したいと思ってる近頃です。
ちなみに私も箱根の『○○園』さん(過去に5回訪問して目が覚めました!)は、お金持ちの方重視と言う姿勢が目に見えてお薦め出来ません。
あくまでも私の観点でのお話ですが・・・。


投稿: しまりす | 2009年12月28日 (月) 10時17分

しまりす様
三水館、やっぱりよかったんですね!
くーーーーーー!
私も早く行きたい!!

・・・が交通手段がやはりネックなんですね・・・
まあだからお値段も手ごろなのでしょうが。
てゆーか、そもそも伊豆・箱根が近くて便利すぎるんですよね、きっと。

宿選びって、ほんとに「絶対」はないですね。「だいこんの花」ですら、ほかの温泉の趣味はぴったり合う友達が、ダメでした。すべての巡り会わせが悪かったとしか思えないのですが・・・

でも5回行って目が覚めた。ということは4回まではよかったんですよね。そのへんも興味深いです。
皆さんの評価の違いの理由を自分の目で知りたくて、むしろ一度泊まってみたくなりました(^-^;

投稿: 甘栗 | 2009年12月28日 (月) 17時52分

追記:早速コメ返しありがとうございました。
気に行って5回訪問してたのに・・目が覚めたと言うのは、今まで何だったんだろうと思いましてね。
かなりがっかりだったんですよ(涙)気に入っていたお宿だけに。
夕食時に、グラスワインを頼んだらグラスがあまりにも汚れていたので申し上げたら・・お詫びの一言も無く『これは仕方が無いんです!』って言いきられて。後に持って来たグラスはちゃんと綺麗だったのに(--;)クレームつけて余計にワインをいただこうなんて思ってませんよ!帰りにアンケートにもばっちり書いて来たのに、もちろんその後のお詫びも無くて。そう言った些細な接客態度にがっかりでした!ただ・・お料理は全て美味しいですよ!それから・・私も本を持参での旅行が多いのですが、パブリックスペースがほとんど無いので、今の時期は室内の限られてスペースでの読書になるかと。是非機会がございましたら、甘栗さんの評価もお伺いしたいとも思います(^^;)

投稿: しまりす | 2009年12月29日 (火) 11時31分

しまりす様
4回も行く宿ってよっぽどなのに、ほんとに残念でしたね・・・
でも私も、たった一人のスタッフの言動で宿への気持ちがドン引きした経験、あります・・・
でも「だいこんの花」とかは、クレームに対しての対応で惚れ直したというところもあり。
うーーん、ダブルでせつないですね。

アンケートにわざわざ書くのも愛なのに。
(「二度と来てやるもんか」と思ったら、私なら書きません)

「あせび野」のスタッフさんの好きなところは、みんな楽しそうに朗らかに接客するところなんですよ。お客さんと接するのが好きなのが伝わってくる。だから、料理名間違えたりするのもかえって愛嬌で、かえってそれで笑いが起こって親しくなったりすることが多い。

しまりすさんが会ったスタッフの人は、自分が働いている宿のよさがわかってないんでしょうね。
だったら仕事してて楽しくないでしょうし、もったいないなあ・・・。せっかく素敵な宿で働いているのに。

関係ない感慨で申し訳ありません(^-^;。

それとパブリックスペースのアドバイスもありがとうございました。二泊三日だと、部屋の居心地が合わない場合、パブリックがないときついものがあります・・・

投稿: 甘栗 | 2009年12月30日 (水) 00時30分

 はじめまして。あけましておめでとうございます。
以前のサイトから楽しく拝見しています。特に「旅のお仕置き部屋」、画面に吹き出しながら頷きつつ読ませていただきました。
 ウチの夫も、女将の強烈オーラに拒絶反応を示す種族なのです。かいとく丸も行きたいなと思ってたのですが、ちょっと躊躇しています。

 そんな夫と私が、ここ何年も通っているのが三水館さんです。先日も二泊し(連泊がおすすめです)、続いて別の評判の良い宿に二泊したのですが、三水館が当たり前の感覚になっていた罰当たりな私たちには、後半はとても辛い旅になりました。順番を逆にすべきでした。わかっていたはずなのに…。

 でも本当に宿との関係は相性としかいいようがないですよね。三水館のお料理に「葉っぱばっかり」「普通の家の野菜サラダでがっかり」「朝ごはんにはメザシの冷えたのが出た」というコメントも見かけました。いつも私たちは葉っぱの一枚一枚を噛みしめるように味わうのですが(笑)。

 至れり尽くせりの宿ではありませんが、不思議なくらい澄んだ空間の中で、心尽くしのお料理をいただき、ニャン蔵と遊んでのんびりする…至福の時間です。

 バス停から少し歩かなければいけないので、上田駅か松本駅からレンタカーをご利用になると便利だと思います。素敵なご旅行になりますように。
 今年もあちこちのお宿レポート、楽しみにお待ちしています。

投稿: ちあにゃん | 2010年1月 4日 (月) 16時23分

ちあにゃんさま

あけましておめでとうございます。
そしてコメント、ありがとうございました!!
楽しんでいただけて嬉しいです。

くーーー!
どんどん三水館さんへの期待が高まるじゃないですか!さっそくにゃん蔵のブログも見て来ましたよ。かわいいけど、もっと更新して欲しい・・・(ノω・、)

葉っぱの一枚一枚を噛み締めるお料理・・・どんなだろう。最近は宿のHPで刺身の船盛りの写真を見ると気持ちが醒めるようになっているので(年のせいもあり、すれっからしになっているせいもあり)、いわゆる旅館料理じゃない、でも自分ちのご飯でもないお料理が食べたい。なんかその期待にこたえてくれそうな予感がします。

あと「かいとく丸」のおかみさんですが、私が個人的に腰が引けすぎてたのかも、とも思います。もしもう一度チャンスがあったら「鮑はあったかい料理で食べたい」「フランスパンは持参したい」と伝えようかと。

もっと体当たりでぶつかれば、違う面も見れたような気がしてるんです。

なので(私の失敗を参考にしていただいて)チャンスがあれば一度、宿泊されてみてはいかがでしょうか。
その際はぜひその感想を教えてください( ^ω^ )。

投稿: 甘栗 | 2010年1月 6日 (水) 09時32分

 お返事いただき、ありがとうございます。かいとく丸、是非チャレンジして、報告させていただきますね!

 三水館さんについてはかなり贔屓目になってしまうのですが、弱点もあります。温泉は循環だし、シャワーの水圧が弱い時があったり、アメニティもミニマムです。コスメはもちろん歯ブラシとシャンプーもお気に入りのを持参しています。タオルも使い放題ではありません。
 周りはすぐ民家で、窓からの景色も部屋によっては味気ないです。時計も見えるところには置いていないアナログなお宿なので、ノートPCの出番はないと思います。
 そして読書三昧されるにはたぶん全体に照明が暗いです。夏のテラスは、足元にニャン蔵が寝っころがってたりするし、明るくて最高なのですが。
 私の独断では、読書には「洋室」がおすすめです。「洋室」の居間の窓辺の椅子が、たぶん三水館の中で一番読書向きのスペースではないかと。しまりすさんがお泊りになられた蔵の部屋の縁側も、床暖房で明るくていいかなと思います。
 でも和洋室も素敵なお部屋です。シンプルですが、ベッドルームと和室が水屋を挟んで分れていて、早く寝たい人とテレビを見たりごろごろしていたい人がそれぞれのペースで過ごすにはうってつけです。うちの一番お気に入りはエントランスの真上の一番小さな和室なんですけどね。
 それと最大の難点を忘れていました。食べる量が減ってきてしまった私たちには、お料理が多すぎる~!!どれだけ手をかけて作ってくださってるかわかるだけに、こんなおいしいものを残すなんてほんとうに罰当たり!!でももう食べられない~!!!おなかが破裂する~!というジレンマに毎回苦しめられます。〆のご飯がまたまたおいしいだけに悔しさも倍増。夏に最後のアユご飯まで行きつかなくて、家に帰ってから1週間ぐらい思い出しては地団太踏んでました。朝から胃袋三水館シフトで備えても毎回撃沈です。
 長くなってごめんなさい。どうぞ楽しい旅を♪

投稿: ちあにゃん | 2010年1月 7日 (木) 00時22分

ちあにゃんさま

詳細な情報、ありがとうございました!
弱点といっても、価格からすると当然ですよね。(そこをつい忘れて比較してしまいがちなんですが)
私も必要なものは自分で用意していこうと思います。

そして読書問題・・・。すみません、お気遣いいただいて。

いつまでも宿の好意をあてにしてないで、携帯用の読書灯をさっさと買えよ、って自分でも思ってます・・・。
今回がいいチャンスだと思うので、コンパクトな読書灯を購入して本といっしょに送ることにします。
アドバイスありがとうございました!
ちなみに私たちが予約してるのは、洋室です♪

投稿: 甘栗 | 2010年1月 7日 (木) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239787/32755843

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の予定♪:

« 「あせび野」④朝食風景 | トップページ | 三水館、いってきました! »