« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

オーベルジュ漣 滞在記

Dsc09588

昨年5月に初めて1泊し、感動しまくり。

※初めて泊まった時の記事はここ

さらに昨年末、雑誌の仕事で取材をさせていただく機会があり、なんでこの宿がこんなに隙なく心地いいのか、その理由がわかった気がしたのです。

大人が肩肘はらずにくつろげる宿、

日本人が食べて疲れないフレンチ

ご主人とシェフの高い志が、館内の小物ひとつ、スタッフひとりひとり、すみずみにまで満ちているから、滞在中ずっと、心地いい感動に包まれていたんだと、今振り返っても思います。

ちなみにここ、夏には1階の2室に露天風呂がつくそうです。

前回の取材時には全室そうなるのかと思って、微妙な気持ちになったのですが

(本格的なフレンチと、小さな温泉宿風のお風呂のアンバランスがここの個性みたいな気がして、全室露天だと逆に、ありがちな宿になってしまう気がしたのです)

大浴場も残り、二階のお部屋は今のまま残るというので安心しました。

Dsc09435

前回宿泊したのは、2階のツインタイプのお部屋で

1泊2食、週末価格で1万9500円でした。

(なんでこの値段でできるのか、謎・・・)

不満がない程度に快適だったら、それ以上はムダ、という主義のダンナは

「前のあの部屋で何の不足もない」

と強硬に主張したのですが、私は取材の時から、

「次にダンナと来る時は、絶対にスーペリアツインに泊まろう!」

と固く心に誓っていたのです。

Dsc09408

それは、寝室のこの棚にこう、ずらーーーっと本を並べたかったから。

Dsc09423

なので、何をさておいてもまず本を並べます。

Dsc09424

ああ、もっとっこう、ずらーーっと並べたかった・・・

もっといっぱい送っておけばよかった・・・

ena

Dsc09409

ツインルームは一人がけの椅子が2脚ですが
ここはゆったり二人で座れるソファと

Dsc09410

マッサージチェアが。

Dsc09413

マッサージチェアから外を見るとこんな。

完全に敷地内なので、人目はまったく気になりません。

Dsc09412_2

でもって寝室が分かれているので、かなり余裕です。

Dsc09414

残念なのは、洗面所とトイレとシャワールームの仕切りがないことくらい・・・
シャワールームは前回も今回も一度も使わなかったんですが、

必要なんでしょうかねえ・・

このスペースをトイレにして、きちんと分けたほうが使いやすい気が。

Dsc09415

アメニティも、1万円台の宿レベルじゃないですよねー

Dsc09418

バードウオッチング用のグッズが置かれています。

実際、窓から見たことない鳥を何羽か見かけました。

お好きな方ははまるかと。

Dsc09419

クローゼットの右側がドリンクコーナーになっていて

Dsc09420

このお着き菓子、もちろん自家製。

「滞在中に口に入るものはすべて作りたい」
「うちのパティシエは一日中、何かしら作ってますよ」

というご主人の言葉を思い出しました。

Dsc09421

ワインセラーもある。値段も2千円台とお手ごろです。

Dsc09422

ビールはエビスが2本と控えめ・・・あとはエビアンとペリエとジンジャーエール。

ダンナ「ジュースとか、あったらいいなーー」

 

Dsc09439

ソファに二人で座って外を見ていると

ダンナがポツリ・・

「この椅子、邪魔じゃない?」

ってことで、思い切って二人でソファを横にどかしてみました。

(もちろん、帰りには元に戻しておきましたから!)

その結果・・・

Dsc09440

確かにこのほうが窓がさえぎられなくて部屋が明るいような。

で、部屋も片付いたのでお風呂へ。

Dsc09437

部屋を出た廊下。

突き当たりを左折して階段を降りると大浴場が。

Dsc09434

廊下にもプレーヤーが置いてあって、低くボサノバ風のBGMが流れています。
廊下を歩いている間も、なごむーー

Dsc09515

廊下の壁にかかってる絵もおざなりじゃないんだけど

気取りすぎてもなくて、

このさじ加減が、大人な感じ。


Dsc09433_2

窓の外には滴るような緑と、ところどころに巣箱が。

Dsc09430_2

Dsc09431

大浴場前の廊下の窓から見えるこのオーナメントが好きでした。

Dsc09480_2

このお風呂、大好きで。
窓の外の緑が気持ちよく、濁り湯にその緑が映ってもーサイコー。

Dsc09481_2

にごり湯って、癒されますねえ。

でもって、ここでいっしょになった人とちょろっと話をしたりとか

そういうのがまたいいんです。

ダイニングで再会して、ああ、ご主人はああいう人か、と

ひそかにウオッチングしたりして。

全室露天になってここがなくなったら寂しい、と思ってたのですが

そうじゃなくてよかった。

部屋に戻る途中のライブラリー&パソコンコーナーも

Dsc09502_2

明るくて気持ちいいです。

旅館のライブラリーって、写真集とか画集とかでおしゃれにまとめてたり

ビジネス本とかヒット本を並べてたりであんまり食指が動かないのですが

ここのラインナップは、本好き、小説好きな人の本棚みたいで

いいです。

新刊本が次々に出るので、ついそれに追いかけられちゃうけど

一度は読んでみたいと思っていた本がいろいろあって

そのうち、本を一冊も持たないで3泊くらいして、

この本棚の本を読み漁ってみたいわあ。

わがまま言えば、翻訳ものがもう少しあるといいなあ。

 

Dsc09503

Dsc09504

Dsc09505

Dsc09506

Dsc09507

Dsc09508

Dsc09510

Dsc09509

Dsc09512

Dsc09513

あと好きなのは

Dsc09416


このキーカバー。

触れただけで癒されるようなキーカバー、ということで特注したそうで
ほんとに、使い込んだみたいなやわらかい、気持ちいい手ざわりなんです。

Dsc09417

こうやって開くと、中から別々に引き出せるようになってる。

キーにここまでこだわってる宿は、ほかで見たことないです。

そんなこんなでいよいよ、ディナー。

6時に予約したのでまだまだ明るく

Dsc09499

壁のこの絵は、ワイン好きで知られる画家さんの作品だそうで

どれもいい味出てます。

ダンナ「赤い額縁がおしゃれだねー」

ディナーのレポートはこちらで。

Dsc09447

Dsc09449

Dsc09455

Foodpic356038

Dsc09458

Dsc09461

Dsc09463

Dsc09464

Dsc09468

Dsc09470

Dsc09471

Dsc09474

Dsc09476

Dsc09477

スパークリングワイン飲みすぎて、爆睡。

めざめると

Dsc09583

まっさきに、窓の外の緑が目にとびこんできます。

幸せだー

9時過ぎにダイニングへ。

Dsc09494

ほんとに、襲われるんじゃないかってくらい、すごい勢いの緑ですよ。

そしてここは朝ごはんもすごくて、朝からコースメニュー。

軽いディナーくらいのボリュームとクオリティです。

 

Dsc09484

ドリンクは

ジュース(フルーツ5種・トマト・若葉)
静岡県ふるさと牛乳orおまかせワイン

からチョイス。

もちろん私はワインですよ!!

 

Dsc09568

Dsc09486

地物の豚をワラでいぶして作り上げた
 自家製のス モークハム

オーベルジュ草庵でも感じたのですが

こういうオーベルジュの自家製ハム・ソーセージって

保存しないですぐ食べるものなので、塩味が穏やか。

だからお肉の味がしっかり味わえる、

いわばオーベルジュでしか味わえないものだなあと思います・・

 

Dsc09487

Dsc09489

野菜料理は、以下3品からチョイス。

自家菜園ハーブのサラダ
 or三島の スティック野菜
 or箱根の温野菜

Dsc09490

↑私はスティック野菜。

真ん中のソースは、アンチョビ、味噌、マヨネーズのミックスで、

前に泊まった後はこれにはまって家でも作りまくりました。

Dsc09491

↑ダンナは温野菜。

うーーん、白ワインにはこっちが合ってたかも。

 

メインは以下から選びます。

地卵のオムレツ 
   デミグラスソース
   函南トマトのソース
    プレーン

 or

シェフおすすめ、本日の鮮魚料理
 or

そば粉のパンケーキにのせた目玉焼き   トリュフ風味で
  or

箱根 笹豆腐のステーキ 
   味噌のソースで

Dsc09492

私は豆腐ステーキ。
いや、ほんとに、ディナー級の存在感。
でもって、ヘルシー。

洋朝食って、ちょっと油がヘビーに感じることが多いんですが
これは体にやさしい軽さとおいしさでした。

まさに「大人にやさしいフレンチ」ですな。

 

Dsc09493

ダンナは本日の鮮魚料理。

Dsc09496

フルーツのスープ仕立てと紅茶のブリュレ

コー ヒーor紅茶(ダージリン)or緑茶

 

Dsc09497

Dsc09495

隣の女性の椅子にだけ、クッションがあったので

スタッフの方にちらりと聞いたんです。そしたら

「ご妊婦さまでしたので・・・」

キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ

その心配りにまた感動して、惚れなおした。

二日目は一日中雨、

しかもすごいどしゃ降りで。

Dsc09590_2

まあ、私たちが泊まる時はだいたいこんななんでもういいですが。

なんで部屋ですっと、音楽を流しながら

がりがり本を読んでいました。

Dsc09549

備え付けのCD.

Dsc09550

ジャニス・イアンが多かったかなー

懐かしかった。

持ってきた本の本命は、昨年の「このミス」海外部門で1位だった

「犬の力」上下巻

だったのですが、これがどうにもこうにもダメで。

10ページくらい読み、全体を流し読みして

5分でアウト。

ハードボイルドすぎて、私には歯が立たず。

 

Dsc09551

勝見洋一さん、大好き。

元・奥さんの桐島洋子さんのエッセイも20代の頃から大好きで

昔は憧れたものですが、勝見さんのと読み比べると

かなり乱暴というか野蛮というか、大ざっぱな感じがしてしまいます。

文筆家としての才能の質の違いでしょうが・・・・

Dsc09552

今回の大ヒットはこれ。

ほんとに時間忘れて読みふけりました。

時代小説苦手だったんだけど、そんなの突き抜けた面白さ!

 

Dsc09553

クリスティの創作メモを集めた「アガサ・クリスティの秘密ノート」を読んでいたら

たまらなくいろんなのを読みたくなって。

これは別名義で書いたミステリじゃない作品ですが、

人間の憎しみの深層心理を巧みにドラマに仕立てていて

これも一気読み。

 

Dsc09554

「光媒の花」は期待はずれ・・・

「週末の欝金香」は前に読んだのばっかりだったのですが

ひさびさに読んだらまた泣けた・・

夕食の着替えで気がついたのですが

ここのクローゼット面白い。

Dsc09581

Dsc09577

Dsc09578

左右どちらからもあけられて

Dsc09579

引き戸にもなっている。

二日目のディナーはこちらで。

Dsc09520

Foodpic356841

Dsc09525

Dsc09527

Foodpic356844

Foodpic356845

 

 

Dsc09535

Dsc09539

Dsc09534

 

Dsc09543

Foodpic356848

Foodpic356849

Foodpic356846

夜もますますすごい雨。

そして二日目の朝食。

 

Dsc09572

Foodpic356876  

↑根菜のスープ。

 

Dsc09560_3

↑ピラフ。

Dsc09561

Dsc09563

Dsc09567

 

Dsc09571

↑食べ切れなかったパンはこうして包んでくれる。

Dsc09586

夏にはここに、お風呂ができるのかーー

ダンナは

「僕はお風呂のない、一番小さい部屋で何の不満もない」

と言い張ってるけど

(十分快適なので、それ以上必要ない、というスタンス)

私はお風呂のあるj部屋に泊ま。りたいなあ・・

今回、仕事で煮詰まり気味のまま来たので

ついついお風呂でも、仕事のことばかり考えちゃって・・

私は家ではお風呂で本を読むので

本を読まないでお風呂に入ると、仕事のことを考えてしまう因果な体質だと気がついた

Dsc09587

友達にお土産にするドレッシングを4本買いました。

次はいつ来れるかなあ・・・

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

オーベルジュ漣に行ってきました!

取り急ぎ、一日目の晩御飯だけ
こちらで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »